■プロフィール

クリエイトウェーブスタッフ

Author:クリエイトウェーブスタッフ
開発における、諸々を書いていきたいなと思っています。

■最近の記事
■カテゴリー
■twitter

■QRコード

QR

■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■twitter_follow

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー:スポンサー広告 |
[Unity 3D]DrawCallsとbatchedとMaterial
Pです。

Materialを共用化すればバッチが働いてDraw Callsを減らすことが
出来ますが、一部例外があるみたいなのでメモです。

再生中に指定されているMaterial名が「○○ (Instance)」のように
後ろに(Instance)がくっついていると、複製された別Materialとして
認識されるようでバッチが働いてくれません。

どういう状況でこうなるか調べてみたところ
renderer.materialやrenderer.materials
スクリプトからアクセスするだけで、複製されるようです……
MaterialやTextureを指定し直すのではなくアクセスするだけで
複製されてしまうのでちょっと困りました。

私の場合は、renderer.material.mainTextureにアクセスしたかったので
public Texture texture;
として、Inspectorからテクスチャを指定してアクセスできるようにして回避しました。



カテゴリー:Unity 3D | TM(0) | CM(1)
コメント
山村正和のコメント
すごいですね!
2012-11-29 木 11:17:44 | URL | 山村正和 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。