■プロフィール

クリエイトウェーブスタッフ

Author:クリエイトウェーブスタッフ
開発における、諸々を書いていきたいなと思っています。

■最近の記事
■カテゴリー
■twitter

■QRコード

QR

■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■twitter_follow

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
CloudFunctions上でサーバー時間を取得
node.jsで時間取得の命令を使えばいいのだろうと思ったのですが 「date-utils」 を使うらしい。
functionsのnode_modulesの中を見てみると、 「date-utils」がないように見える。。。

cd functions のコマンドでfunctionsのフォルダの中に入り
npm install date-utils
を実行しました。

node_modulesの中に 「date-utils」 が出来てました。
index.jsの中で

require('date-utils');
var date = new Date();
var formatted = date.toFormat("YYYY/MM/DD HH24時MI分SS秒");
response.send(formatted);

を書いてデプロイして実行してみた。
ちゃんと取れたんですが、年月日はあってるんだけど、時間、分、秒がどうみても日本時間ではない・・・・

調べてみたところ、協定世界時というので表示されている。
日本時間との差は、丁度9時間きっかりのようです。

require('date-utils');
var date = new Date();
date.setHours(date.getHours()+9);//日本時間に変換
var formatted = date.toFormat("YYYY/MM/DD HH24時MI分SS秒");
response.send(formatted);

でちゃんと日本時間で表示されるのが確認出来ました。

var formatted = date.toFormat("YYYYMMDDHH24MISS");
とすれば、数字のみで
20180514101010 (2018年5月14日10字0分10秒)みたいな値で取得できます。

Functionsで、期間限定でイベントを行うAPIを作る時に役に立ちそうです。

カテゴリー:FireBase | TM(0) | CM(2)

FC2Ad