■プロフィール

クリエイトウェーブスタッフ

Author:クリエイトウェーブスタッフ
開発における、諸々を書いていきたいなと思っています。

■最近の記事
■カテゴリー
■twitter

■QRコード

QR

■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■twitter_follow

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー:スポンサー広告 |
unityアセットサーバー
unity社がアセットサーバーのソフト配信辞めてしまったし、unityのバージョン管理は、今後はUnity Collaborateを使って行こうと思ってるのですが、過去資産もあったり、クライアントに言われたりで未だ必要なときがたまにあるのでVPSサーバーにインストールしてみました。

今後入れる事はないかもしれないけど、インストールでいくかひっかかったのでメモ
前に借りた別のVPSにアセットサーバーのインストーラーが残っていたので抽出
unity_asset_server-2.0.1.i386.rpm
unity_asset_server-2.0.1.tgz
が残っていたのでrpmを使ってみました。

OSはCentOS6.5なんですがターミナル上で

rpm -i unity_asset_server-2.0.1.i386.rpm

でコマンド入れてみる
思った通りエラーが(こういうの一発でいかないし・・・・ 全くもってめんどくさいです><)

エラーメッセージをみると、どうも
libc.so.6 が必要と怒られているもよう。

調べた結果、OSが64bit版な為、glibc(32bit)がインストールされていないのが原因って事のようです。

yum install libuuid.x86_64
yum install libuuid.i686

の2コマンド実行で、このエラーは解決したんですが、今度は新たに
libz.so.1が必要と怒られました・・・・・

これも調べて
yum install zlib.i686 libuuid.i686

で解決。
無事インストール出来ました。
アセットサーバーっていつの間にかフリー版のunityでも使えるようになってたんですね・・ 知らなかった。

スポンサーサイト
カテゴリー:Unity 3D | TM(0) | CM(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。