■プロフィール

クリエイトウェーブスタッフ

Author:クリエイトウェーブスタッフ
開発における、諸々を書いていきたいなと思っています。

■最近の記事
■カテゴリー
■twitter

■QRコード

QR

■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■twitter_follow

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー:スポンサー広告 |
unityのWebプレーヤーについて
お疲れ様です。
フッチーです。

もうご存知の方も多いと思いますが、Googleクロームが今年後半NPAPI(ネットスケーププラグイン)を廃止します。
ブラウザで拡張機能(例えばFlash、SilverlightやQuickTime、そしてunityプレーヤなどなど)は長らく、マイクロソフトのIEだとActiveX、その他のブラウザ(FireFoxやGoogleクローム)はNPAPIで動いていたのですが、クロームは今年廃止してしまう訳です。

結果、unityのWebプレーヤーはGoogleクローム上で動かなくなってしまいます。
Flashの場合は、既にNPAPIからPPAPIというプラグインに移行してますので問題ないのですが、unityはどうなるんでしょう・・・とても気になっています。

いまのところunityは、新しいプラグインに移行ではなくて、unity5から実装されたHTML5(asm.js使うやつ)書き出しで対応という事になっているようです。

ここで問題になってくるのは、WebプレーヤーとHTML5書き出しで、どれだけ互換が高いかという事だと思うのですが、HTML5書き出しも結構凄いようです。
ただjs自体はシングルスレッドという事もあり全く同じパフォーマンスが出るわけではないようです。

それにC#で書いてる部分とjsが完全100%と思う事も出来ず・・・・
昨日も書いたソケット通信などは、Webプレーヤーの場合はMono(.NET)の考え方でも動く気がしますが(確認してませんが)、HTML5書き出しになると、そもそもWebSocketに限定されてくる気も・・・・

C#で書いてる部分もjavaScriptに変換されるハズですが、C#でWebSocketとか書いてJSでWebSocketに書き換えてくれるのだろうか・・・・・(たぶんないと思いますが・・・)

とりあえずスマフォアプリ開発は問題ないですが、PCのブラウザ用の依頼が来たら気をつけねば・・・・
unity5にHTML5のプレビュー版がついてるので、まめに動作チェックとか行いながらという事になるのでしょうか。

なにはともあれ、現在はウチではunityではスマフォアプリしか作ってないので心配はないのですが、Web版の依頼が来たら慎重に対応しないとマズそうです。
それよりも今年後半になって結果が見えるまでWeb版は下手に引受ない方がいいのかもしれないですね。

スポンサーサイト
カテゴリー:Unity 3D | TM(0) | CM(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。