■プロフィール

クリエイトウェーブスタッフ

Author:クリエイトウェーブスタッフ
開発における、諸々を書いていきたいなと思っています。

■最近の記事
■カテゴリー
■twitter

■QRコード

QR

■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■twitter_follow

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー:スポンサー広告 |
Application.application
最近、ActionScript3案件が、FlashCS3だけでなくFlexも増えてきました。

自分でも、最近やっと使い分け感覚が出来てきました!!
やはり、Flexはコンポーネントを使って、MXMLを駆使するのが、魅力的か・・・

Flashアニメを素材に使いたいときは、CS3で作ってswfにして[Embed]組み込んだりFlashコンポーネントでもってきたり・・・・・・・
問題なのは、ゲーム制作とかでFlashアニメがいっぱいとか、素材が全部ベクターでさらに、アニメが中心のコンテンツとかだとFlexよりCS3の方が、むいてるかも・・・・この辺、どこも模索しるみたい。

Flashアニメ素材とかベクター素材が関係なくて、全部ビットマップ素材でインターフェイスを組み込んでとかだと、Flexの方が向いてる気がします。向いてるだけでCS3でも、もちろん組めます。

そう、Flexはswfを作るソフトなのに、基本素材はビットマップな気もするなぁ・・・・
まあFlexはデフォルト24fps、CS3は12fps設定になってるので、この辺も影響してるのかも。

エディタは、もはやDevelopがあるのでCS3での開発もそこまで苦に思いませんが、あのFlexのデバッガ環境を考えると、やはりFlexの方が効率いいか・・・・

自分は、自分なりの振り分けがやっと出来てきたので、その時々で選択。後はクライアントの指定がある場合はそれに従うという感じでしょうか。

MXMLで組み込むのが早いか、ライブラリにムービークリップやビットマップを入れて組み込むのが早いか・・・まあ好みが分かれるところかもしれませんね。昔からのFlash使いや、デザイナー寄りのスクリプターはFlexは取っ付きにくいかも。

でも、そもそもActionScript3自体が、オーサリング言語とは思えないので、基本はFlexよりの言語の気がしてます。
だって普通にOOP(オブジェクト指向)言語ですよ。ActionScript2とは兄弟の関係とも言えない気がする。よくて遠い親戚、自分の本音で言うと、別人です。

さて、お題の「Application.application」
勉強用の参考ソースをみていたら出てきて「なんだ、こりゃ?」と思ったら、トップレベルのオブジェクトを指すらしい。

つもり大元の、MXMLかActionScript3で作成されるオブジェクト。
まあ、使い方としては、ActionScript2の頃の「_root」のような感覚ですね。

import mx.core.Application;
が必要です。

これってCS3でも使えるのか?と思って試してみたら、やっぱり駄目だった。

mx.core.Application 自体がないって怒られる。

そういえば、数週間前くらいに、やはりCS3で、デザイナーさんが作ってくれたFlashアニメ素材を[Embed]でもってこようとしたら、やっぱりコンパイラに怒られました。

スクリプト主体のFlaソースに、アニメ主体のFlaを素材としてもってくるときに、ライブラリレベルで合体させるより、アニメFlaをswfにして[Embed]した方が、効率がいいと判断したからなんだけど結局駄目で、全部ライブラリにコピーして、リンケージ付け直していきました。

そもそも、この考え方の時点でFlexでやれよ!というツッコミが、あるかもしれませんが、そこはそこ。微妙に、使える命令に互換性がないなぁ~~。というより使える命令に違いがありますね。

スポンサーサイト

テーマ:Adobe Flex3 - ジャンル:コンピュータ

カテゴリー:Flash | TM(0) | CM(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。